作品紹介

entry_top
tw_top

劇作家・演出家 前川知大、満を持して水木しげるの世界に挑む
人生観、世界や不思議との関わり方を、新たなひとつの物語に編む

本作は、「イキウメ」を拠点に劇作家、演出家として活躍している前川知大が脚本、演出を手掛ける新作。水木しげるの「世界観」を原作にした完全なオリジナルストーリーに、幾つかの原作短編を織り込んでいきます。ある一つの作品の舞台化でも、評伝でもなく、水木しげるの人生観、世界や“不思議”との関わり方を、膨大な作品群とその登場人物、エッセイやインタビューで語られた言葉、エピソードから読み解き、新しい物語を編み上げます。SFやオカルトなど日常世界の裏側から人間の心理を描き、空間・時間をシームレスに編集する演出を得意とする前川が、水木作品に挑戦するのは、まさに必定ともいえる巡りあわせでしょう。

あらすじ

 平成六十年。子供が生まれなくなって人口の激減した日本。人は都市に身を寄せ合い、田舎は打ち捨てられ植物に飲み込まれている。都市は権力による抑圧的な社会で、貴重な妊婦と赤子は政府の管理化に置かれている。

 ある廃村に、根津という男が一人で暮らしている。根津は半分人間、半分妖怪の半妖怪。かつて村人がいた頃は、彼の周りに妖怪の姿があった。しかし村人が減り、国中で子供が消えていくのと平行して、妖怪たちも姿を消した。根津は、なぜ自分は消えないのかと考えつつ、何かを待つかのように十年以上、独りまどろみの中にいる。

 ある日、根津の前に都市からきた若い男女が現れる。都市は突如現れた謎の怪物によって混乱しているという。女は妊娠しており、混乱に乗じて逃げてきたのだ。

 根津と二人の会話を通じて、根津がなぜ半妖怪になったのか、なぜ妖怪たちが消えてしまったのか、そして都市に現れた怪物はなんなのか、次第に明らかになっていく。

 そしてその怪物は、三人のいる廃村に向かいつつあった。


本作では、ねずみ男をモデルにした「根津」という男が、なぜ半妖怪になったのか。様々なエピソードが挟み込まれて進行します。舞台作家・前川のフィルターを通して、水木しげる作品の最大のオマージュと呼べる作品が誕生します。

キャラクター紹介

佐々木蔵之介
【登場人物】根津(ネズ):半妖怪、詐欺師
……佐々木蔵之介
ねずみ男をモデルに、水木先生自身を重ねて作られた登場人物。人間の社会からドロップアウトし、人間ではないものに救われた、詐欺師の癖が抜けない半妖怪。得意技は屁。
松雪泰子
【登場人物/劇中劇での役】花子(ハナコ):妖怪、雪山の精霊/リポーター
……松雪泰子
森の木々の間を吹き抜ける冷たい風。遭難した人間を助けもするが、平気で殺すこともある。美しい女性の姿で現れるが、幽霊と勘違いすると怒る「どっちかと言うと精霊だから!」
白石加代子
【登場人物/劇中劇での役】おばば(オババ):妖怪、零落した土地神/庶民
……白石加代子
ある山間の集落を見守る土地神。かつては村人に祀られていたが、今は社も廃墟同然の自称「元カミ」。得意料理は◯◯の天ぷら。
手塚とおる
【登場人物/劇中劇での役】山田(ヤマダ):都市の権力者、現代社会の妖怪/父、社長、詐欺師先輩、農夫
……手塚とおる
水木ワールドでお馴染みの山田。権力、金、欲にまみれた「俗」を体現する役どころ。人間だが、ぬらりひょんのようでもある。
池谷のぶえ
【登場人物/劇中劇での役】青子(アオコ):子を奪われた母、庶民の不満を食べる新生物/孤児院職員、農婦
……池谷のぶえ
原作では「神は時々、突然変異という形で自分の使いをこの世に送り出すことがある…」とある。つまり、この役も人間ではない。かわいい合言葉で街を破壊します。
水上京香
【登場人物/劇中劇での役】要(カナメ):山田の娘/看護師、庶民
……水上京香
都会で生まれた子供は、魂の宿らない「フガフガ病」になってしまう。街を逃げ出した妊婦は、根津と出会ったことで水木ワールドに迷い込んでいく。今作では少数派の純粋な人間のひとり。
水田航生
【登場人物/劇中劇での役】忠(タダシ):要の恋人/警備員、庶民
……水田航生
恋人の要を連れて、強権的な都市を逃げ出した青年。根津と出会ったことで水木ワールドに迷い込んでいく。今作では少数派の純粋な人間のひとりで、もっとも観客に近い普通の感性を担っている。
浜田信也
【登場人物/劇中劇での役】猫山(ネコヤマ):大病院の院長、山田の協力者/少年時代の根津
……浜田信也
山田市長の権力にズブズブの大病院の若き院長。市長の娘、要の正式な婚約者だが嫌われている。しかしめげない。前半では根津の若かりし頃、孤児院時代を演じる。
盛隆二
【登場人物/劇中劇での役】政吉(マサキチ):警察組織の長、山田の協力者/青年団長
……盛 隆二
山田市長の権力の一翼を担う警察組織の長であり、山田のボディガード。その一方、根津の過去に登場するマサキチは、気のいい村の青年団長。村祭の踊りは南方から伝えられたもの。
森下創
【登場人物/劇中劇での役】豆蔵(マメゾウ):妖怪、家に住み着く精霊/庶民
……森下 創
人間の生活にあふれているちょっと奇妙な気配。天井裏や障子の陰、風呂場などに人はその姿を想像する。煙たがられているが、実は悪いことはなにもしていない。建具が大好き。
大窪人衛
【登場人物/劇中劇での役】三太(サンタ):幼い頃の根津の友達/看護師、青年実業家
……大窪人衛
根津の孤児院での幼馴染。幼くして世を去り、長らく賽の河原で過ごしていた。半世紀を経て現れた青年実業家は、三太の転生した姿かもしれない。口癖は「おら、三太だ!」

あやかしの世界を体現するに相応しい
実力と風格を備えたキャストが集結!

キャストが集結
半妖怪の主人公・根津には、舞台空間を満たす存在感と確かな演技で、人気実力ともに日本演劇界をけん引する佐々木蔵之介。前川とは、舞台「抜け穴の会議室」(07)や、自身初の歌舞伎公演への挑戦となった「スーパー歌舞伎II 空ヲ刻ム者」(14)でタッグを組んでおり、その相性の良さは折り紙つき。今回も佐々木の奥行ある演技が、作品により深みをもたせてくれるでしょう。そして、透明感あふれる演技とときに幽玄さを醸し出せる稀有な女優、松雪泰子。映像作品だけでなく、「るつぼ」(16)、「劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season鳥」「この熱き私の激情」(17)といった舞台作品でも錚々たる演出家から熱いオファーを受けています。そして、TVドラマや舞台作品を中心に活躍している若手実力派の水田航生や2014年にデビューし、舞台は4作目となる新進気鋭の水上京香といったフレッシュな顔ぶれに加え、独特の存在感と変幻自在の演技力に定評のある手塚とおる、安定感ある佇まいで舞台だけでなく映画、TVドラマなどで活躍する池谷のぶえ、また、前川の主宰するイキウメから、浜田信也盛隆二森下創大窪人衛が出演。前川の世界観を体現するのに相応しい、個性豊かな面々が揃います。さらに、あやかしの世界を体現するのに欠くことのできない存在、白石加代子の出演も決定。変幻自在な演技力と、えも言われぬ趣のある佇まいは、初タッグとなる前川作品の新たな扉を開くことでしょう。どうぞご期待ください。